【経営・コンサルティング】一年後が少し心配になります。

飲食業、観光業は大きなダメージを受けています。

今まで通り事業を展開しても環境が違うので、同じようにはいきません。

また、今回のコロナウイルスの影響はまだまだ続くと考えています。

新しい環境には新しい戦略がなければ、なりません。

今回の国や県の対応では多くの給付金が出ていますので、間違いなくしっかりともらっていただく必要があります。

また、融資制度においても、実質ゼロ金利で借り入れが可能ですので、取得していただいた方が良いと思います。

 

しかし、借入金はいずれ返済しないといけません。

今はそこまで考えられないとしても、顧問やコンサルティング契約を頂いている身としては、当然次の展開にも対応していかなければなりません。

 

借入金の返済はもちろん経費にはなりませんので、 注意が必要です。税金を差し引いた利益から返済しなければなりません。

 

新たに劣後ローン(返済をさらにのばしてくれるもの)などの話も出ていますが、すべての法人が受けれるわけではありません。

今回の給付金で多くのお金がばらまかれているので、増税もあり得るかもしれません。

 

国の状況と地域の状況と業界の状況を加味して、自社の戦略を考えていかなければいけません。